いぼが発症する原因を知って治療に役立てよう【効果的な治療を試す】

鏡を見る女性

注射で解決

ウイルス性いぼの代表格ともいえる尋常性疣贅は、早めの治療が肝心です。液体窒素が定番となりますが、最近では注射治療も注目されています。予算や症状に合わせてベストな方法をチョイスしていきましょう。

もっと見る

老化とウイルス

頬を触る人

老化によっていぼができやすくなります。新陳代謝が落ちてくることが原因で、肌のターンオーバーにも影響が出てきます。古い角質が蓄積していぼになっていくと考えられています。また、いぼは皮膚に刺激を与えることでも発症しやすくなります。とくにバリア機能が下がっていると、外部からの摩擦刺激にも敏感になってしまい、いぼができる原因となってしまうのです。

また、いぼはウイルスによってもたらされることがわかっています。実は、多くのいぼがウイルス性由来だともいわれています。感染していくので、予防する意識が必要となってくるでしょう。プールや大衆浴場など、不特定多数の人が肌を出して集まるような場所は感染しやすいです。自分自身にウイルス性のいぼがあるときにはもちろん入らないようにしなくてはいけません。必ずしも感染するわけではありませんが、リスクがあることを認識して行動することが大切です。

できてしまったいぼはクリニックで治療をするようにしたいものです。悪性のいぼができることはあまりないですが、可能性はゼロではありません。安心のためにも、受診してチェックしてもらった方がいいでしょう。良性のいぼでも、サイズが大きかったり、邪魔な部位にできたりした場合は、できるだけ早く治療を始めるに越したことはありません。クリニックは治療方針がそれぞれ異なり、料金体系もさまざまです。皮膚科や形成外科、美容外科などを受診すれば治療が可能ですが、事前にクリニックの特徴を調べてから診察を受けるようにしたいものです。顔など目立つ部位にあるいぼは、傷跡が残らないような治療を受けた方がいいはずです。見た目にこだわるのであれば、美容外科を選択する方がよいでしょう。

具体的な治療内容としては、切除、レーザー、注射、薬剤といった方法がポピュラーです。大きないぼであれば、専用の器具を使った切除治療が有効になります。麻酔をかけることができるため、痛みの心配も少ないようです。根元的にいぼを切除するため、再発の可能性が低い点もメリットになります。しかし、術後は跡が残ってしまう可能性は考慮に入れた方がいいでしょう。
キレイな仕上がりを望んでいるなら、レーザーがおすすめです。医療用のレーザーでいぼを元から取り除きます。そのため、レーザー治療も再発の心配が少ないです。また、1回の治療でキレイになるケースも多いです。費用は1センチ四方のいぼであれば、1万円程度で治療可能です。

注射の治療はいぼの原因となるウイルスを薬で殺菌します。傷跡が残らないため、仕上がりが綺麗になります。また、液体窒素などの治療では効果が見られなかった患者に対して治療効果があることが認められています。そのため、人によっては試す価値が高い治療にあたります。ただし場合によっては痛みが長く続くこともあります。
痛みが心配な場合は、薬剤を使った治療が適しているでしょう。薬を飲んで治療をしていくため、身体の中からいぼに作用効果をもたらすことが期待できます。そのため、痛みを感じることなく治療を進めていくことが可能です。クリニックで処方してもらうこともできますし、一般的なドラッグストアでも比較的簡単に手に入ります。ヨクイニンというハトムギのエキスを使ったタイプが人気があります。

カウンセリング

レーザーでキレイに

炭酸ガスレーザーであれば、手軽に美しくいぼ治療が受けられます。とくに美容皮膚科は仕上がりが良くなるような治療内容となっているため人気が高いです。レーザー治療について調べて受診してみましょう。

もっと見る

鏡を見る女性

クリニックを選ぶコツ

水いぼは乾燥肌や免疫力が低下していると感染しやすいといいます。治療方法は健康保険適用が可能な液体窒素などがあります。口コミで評判の美容クリニックであれば、より豊富な治療メニューを選ぶことができるでしょう。

もっと見る

To Top